市況解説

市況解説

12月1日の週の為替市場、12月特有の値動きにご注意を!

アメリカが感謝祭入りした先週は、大方の予想通り為替市場では値動きが消えた1週間となりました。そして今週から12月相場がスタートします。 不自然な値動きが生じやすく、トレードのストレスが溜まりやすい12月は、“トレードしない”という選択...
市況解説

11月24日の週の為替市場、米国で感謝祭があり実質的には3営業日の週に

ブログ管理人は、様々なFXトレード用のインジケーター開発を手掛けて参りました。そして現在も、自ら開発したボラティリティベースのチャートを利用してトレードを行っています。数多くのインジ開発を行いましたが、10年以上利用中のインジがあります。それがSweet Bandです。自ら開発した愛用のインジSweet Bandについて、その考え方や利用方法を簡単にご紹介します。
市況解説

11月17日の週の為替市場、USD/JPYが109円で頭を押さえられている

米中貿易交渉に具体的な動きがなく、為替市場は様子見となりつつある中、先週はジワジワと米国株式市場が上昇を見せました。そんな中でUSD/JPYは109円で頭を押さえられている状態です。10月からボラティリティの低い状態が続きますが、今週から11月後半戦。値動きのエネルギーが蓄積されており、年末に向けて今後大きな値動きが生じる可能性があり注意が必要です。
市況解説

11月10日の週の為替市場、ドルの上昇を背景とするリスクオン相場の継続なるか?

10月の動かない相場から一転、11月は第1週からドルの上昇を契機とするリスクオン相場がスタートしました。ドルインデックスが5連騰し、また金が急落するなどリスクオンが急速に進みましたが、今週は一旦戻しを入れる可能性もあります。リスクオンを呼び込んだ米中貿易交渉の行方とともに、リスクオン相場の継続性が注目されます。
市況解説

11月3日の週の為替市場、米利下げを経て11月はボラティリティが回復するのか?

10月の為替市場の一大イベント、米利下げは先週順調に通過しました。ただし為替市場は利下げ待ちで、10月はボラティリティが低下した1ヶ月となってしまいました。 今週から実質的な11月相場がスタートします。米の利下げを契機に、新しいトレン...
市況解説

10月27日の週の為替市場、FOMCと米雇用統計のあるイベント週にボラティリティの回復なるか?

BREXIT騒動で10月に大きく動いたGBPも、BREXITが膠着状態に陥り、先週は静かな値動きを見せました。 金融市場全体のボラティリティが低下する中、今週はFOMCと米雇用統計を控えるイベント週です。 FOMC後の利下げの有...
市況解説

10月20日の週の為替市場、祝日もあるためGBPが落ち着くまでは様子見が吉

イギリスのEU離脱について、イギリス政府とEUが合意に至りGBPが急騰。しかしイギリス議会で離脱案の承認が厳しい状勢が明らかになると、GBPは急落。先週は週を通して見ればGBPは上昇したものの、上下の振れ幅も大きく、投資家は市場に揺さぶられ...
タイトルとURLをコピーしました