2020-11

市況解説

103円台後半で粘るドル円、しかし26日の米感謝祭の存在をお忘れなく(2020年11月23日)

ドル円は103円台後半でフィボナッチ・リトレースメント76.4%に支えられる形での推移を見せています。またドル円の値動きに影響を与える米長期金利は先週一旦下落しましたが、下落トレンドに入る程ではありません。その中で米10年債金利の1.0%を...
市況解説

上昇はMonthly Sweet Bandのある105円台半ばが限界か?しかし米長期金利からは更なる上昇余地も(2020年11月16日)

製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの開発進展が報じられたことを契機に、ドル円は103円台から105円台まで急騰しました。 ドル円の急騰は円売りが背景にありますが、米長期金利から見るとドルの上昇余地が残されています。 ...
市況解説

104円割れのドル円の下落は一時的か?米長期金利は高水準を維持(2020年11月9日)

民主党バイデン候補が勝利宣言を行いながらトランプ大統領も敗北宣言を行わず、結果が確定しない米大統領選ですが、ドル円は11月5日に104円を割れて103円台に突入しました。これまで強いサポート&レジスタンスとして機能していた104円台を割れま...
市況解説

米大統領選前目前、ドル円は米大統領選後に104円台を上下どちらに抜ける?(2020年11月2日)

11月3日に米大統領選を控え様子見スタンスの投資家も多い中で、ドル円は7月及び9月と同様に104円台で反発しています。 米長期金利の上昇など金融市場に変化も見られる中、大統領選後のドル円は104円台を上下どちらに抜けるのか注目されます...
タイトルとURLをコピーしました