自動売買

Close To The Edge

Close To The Edge 自動売買システム CTE_V3R4

Close To The Edge 概説その1 Close To The Edge 概説その2 Close To The Edge_V3R4 実況解説その1 Clos...
Close To The Edge

Close to Edge 自動売買のアップグレード版完成!

Close to Edge Systemの最新バージョン、CTE_V3R1 のご案内 * 期間限定で当サイトのみで販売します。 * 前バージョン=CTE_V1 を購入された方へは無償配布。 前バージョンに比較し、エントリー...
Close To The Edge

W_Element_V1の解説、相場のトレンド方向に加えスクイーズやイクスパンションも把握しながらトレードを行う

サブチャートにボラティリティチャートを表示するFXトレードシステム『W_Element_V1』について、その内容を解説する。 EMAに似たホルト・ウィンタースラインを利用して、相場のトレンド方向に加えてスクイーズやイクスパンションの状...
Close To The Edge

W_Element_V2の解説、サブチャートとMTFでトレンド分析を行いトレードを行う

サブチャートにボラティリティチャートを表示するW_Elementシリーズについて、V2の解説を行う。 V1に比べV2はチャートがスッキリして見やすいという特徴がある。ボラティリティチャートで大まかなトレンド把握を行い、MTF(マルチタ...
Close To The Edge

『Close To The Edge』の設定用動画のまとめ

『Close To The Edge』の設定用動画について、順次こちらにアップして参ります。(内容はYoutubeチャンネルの動画と同じです) ・Close To The Edge MAIN System セットアップ方法 ...
Close To The Edge

『Close To The Edge』の解説、ボラティリティチャートの考え方について

新たに開発したFXトレードシステム『Close To The Edge』は、①オフラインチャートで表示されるボラティリティチャートのみのバージョンと、②時間足チャート(15分足を推奨)のサブチャートにボラティリティチャートが表示されるバージ...
Close To The Edge

新作『Close To The Edge』の概要について、最初の解説

新しいFXトレードシステムとして『Close To The Edge』を開発した。ボラティリティベースのチャートの活用により、ダマシを回避して有効性のあるサインを出すことを突き詰めている。裁量トレードでの利用も可能だが、EAを活用することで...
自動売買

1トレードでいくらの損を許容する?自動売買にも資金管理が必要不可欠!

FXトレードで意外に重要性が理解されていないのが、負け方の作法とも言うべき資金管理です。資金管理は裁量トレードだけでなく、自動売買でも必要不可欠な存在となります。自動売買における資金管理の重要性について簡単に解説いたします。資産運用に近い自動売買は、裁量トレードよりも資金管理が重要と考えることもできます。
自動売買

自動売買のメリットはルール通りのトレードができる点にあり、裁量でルール通りのトレードはメンタル的に難しい

FXトレードで勝ちきるためには裁量トレードであっても、エントリーから決済まで一連の流れについて、ルールに基づいたトレードの形が必要です。しかし裁量トレードでは、メンタルの問題から、ルール通りのトレードが非常に難しいといえます。自動売買はルール通りにトレードを行います。そしてその点こそ、自動売買の優位点です。ルール通りのトレードができずに裁量トレードで勝ちきれないようなら、自動売買を試してはいかがでしょうか?ルール通りのトレードができ、勝ち切るための第一歩となるかもしれませんよ。
自動売買

自動売買なら裁量トレードより初心者でも勝ちが残りやすい、自動売買にも視野を広げてみては?

FX=裁量トレード、というイメージがあります。しかし自動売買という選択肢も存在します。裁量トレードは自分との戦いの一面があるため、勝ち切る投資家となるためには、数年の歳月が必要となっても不思議ではありません。しかし自動売買は自分との戦いがないため、裁量トレードよりも早く勝ち切る投資家に至る可能性があります。FXの裁量トレードで勝ち切ることができないなら、一度自動売買にも視野を広げてはいかがでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました