Singular_EA その2

2024.06.10 Singular_EA のアップデート:

当サイトではオリジナルのインジケータ、自動売買のご紹介をしております。販売に関してですが特に自動売買については「会員様限定」で行っております。会員とは長年自分のシステムをご購入して戴いておりさらに自論でありますマーケット理論やこれもオリジナルのチャートについて熟知しておられる方の事です。従いまして自動売買はその他の方々へは基本、販売しておりません。FXマーケットは激動してきており残念ながら5年、10年という単位で全く同一のロジックで右肩上がりになる事はありえません。バックテストはイベント(経済指標発表)やその他のファンダメンタル要因で発生するエクスパンションでのリアルな激動を再現しておりません。実際にはスプレッドの変動やスリッページも発生します。これは裁量トレードに於いても同様であり、そもそも4本値を基調としたテクニカル指標など何を使用してもたいした違いはないのです。自論であります、「停滞」→「エクスパンション」→「収束」という3つの過程を理解し「収束」過程にしかテクニカルは効果が無いという事を理解していなければ安定して利益を上げる事は不可能です。昨今再度巷で流行っている(?)「トラリピ」などは正にマーケットサイクルがこの程度のボラティリティで振幅を繰り返すという理屈で成立していますが常にポジションをキープしているわけでマーケットリスクをかぶる可能性が大きいのです。以下、YouTubeにマーケットサイクルの事をお話ししておりますので是非ご覧ください。

マーケットのお話し No.1

FXマーケットのお話し No1

マーケットのお話し No2.

FX マーケットのお話し No2

マーケットのお話し No.3

マーケットのお話し No3

Singular_EA については、CloseToEdge_Advanced_Scalping とは異なるロジックです。こちらはスキャルピングではありませんが現状の相場に於いてはクロス円で、5-10回 / DAY の頻度でサインが点灯します。
オリジナルのオフラインチャート上のみで稼働します。マーケットの「収束過程」のみでサインが点灯するように調整しておりますが24時間稼働ではどうしてもエクスパンション含め無駄な売買をしてしまう可能性があります。従って稼働時間帯をどうするかについてタイムリーに情報を共有していく必要があるのです。さらに有効な通貨ペアについても定期的に変えていく必要があります。現在はEURJPY及びEURUSDの2通貨ペアに特化しております。

フォワード:EURJPY

SCV1_EURJPY_Forward

バックテスト:EURJPY
SC-V1_EURJPY_2023-2024-2

Singular_EA についての概要説明:(限定公開)

2024.06.19
1.https://youtu.be/CJpBB1I1Nqw

2024.06.10
2.https://youtu.be/1TvSy_ywQm8

2024.05.24
3.https://youtu.be/SK-eyTnCc3Q

*************************************************************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました