W Elements System 販売

「ダブル・エレメント・システム」(以下WSM)はMeta Trader 4 上のみで使用可能なFXトレード用ツールです。メインチャート上とサブチャートの両方に表示され、当システムだけを使用して有効なトレードが可能となります。デイトレード、スキャルピング用に最適なシステムとなっております。

 メインチャートはいわゆる時間軸チャートです。ここにトレンド方向が色の違いで判別できる移動平均線(HeikinAshi Smoothed)とオリジナルのブレイクアウト手法であるスイート・バンドを表示させる事で、「トレンド状態」の判定が簡単でさらに「トレード可能な領域」が視覚的に明瞭に判断できるようになっております。


これだけでも十分有効性のあるものですが、今回ご提供するシステムの価値は新たに開発しました「サブチャートに表示させるシステム」=ダブル・エレメント /W Elements System にあります。まずもって特筆すべき違いはそのチャート機能にあります。時間軸チャートではないのです。ボラティリティー・ベース(Volatility Base)のチャートであるという事です。馴染みの無い方も多いでしょうが、これは一般的にはいわゆるRenko Chart として存在しています。MT4には標準装備されていませんが他のチャートでは組み込まれているものもあります。

筆者はこれまでいくつかのオリジナルのVolatility Base Chartを開発してきました。めざすところは相場の真の動きをレートの動きそのもので表現できないのか、という事でありました。筆者の持論である相場のサイクル、「停滞」→「エクスパンション」→「収束」
「収束」状態でしかテクニカルは有効では無いという信念からいかに相場の「ノイズ」を取り去るかに没頭してきました。そしてかなり理想形に達した感はあったのですが次に必要な事はそのチャート上で必要な最低限のテクニカル・ツールの開発、最適化だった分けです。そこまではほぼ完成したものの、やはり慣れ親しんできた時間軸ベースのチャートも
確認したい、という事で今回のシステムに辿りついたわけです。


つまりメインチャートは時間軸、サブチャートはボラティリティのチャートという事で今回のWSM が完成しました。
 
W Elements の意味ですが、一つには時間軸とボラティリティーという2つのElement=要素 という事でもあります。直接の意味としてはサブチャート上で比較的大きなトレンドと小さなトレンドの2つを表示させるようにした事です。


時間軸の手法でもいわゆるMTF=Multi Time Frame (マルチ・タイム・フレーム)分析と言いますが異なる時間単位での相場の動きを複合的に見極める手法が存在します。
例えば月足、週足が長期、日足、4時間足が中期、1時間足、15分足、5分足が短期と規定してそれぞれの動きをリアルタイムで確認しつつ確実なトレードを仕掛けていこうと
する手法です。


極めて有効ですがやはり熟練も必要であり、それぞれの動きをどう判定してトレードに直結させるのか、初心者にはなかなか難しいと思われます。それで今回メインチャートは15足に限定し、サブチャートの2つのトレンドを確認するだけで同等以上のMTF分析も簡略に可能となるようにしました。勿論、メインチャートの時間足は他の時間単位に変えて見てもらう事も可能です。メインチャートの時間を変えてもサブチャートには影響しません。

仮想通貨用のWSM もリリースします。別途改めましてご案内します。

ダブル・エレメント・システム / W Elements System
知りたい情報が瞬時に分かるオールインワンのシステム。トレンド状態が視覚的に判別できエントリー・サイン、決済サインも表示される。
知りたい情報が瞬時に分かるオールインワンのシステム。トレンド状態が視覚的に判別できエントリー・サイン、決済サインも表示される。?|?fx-on.com