FXのレバレッジを解説、レバレッジを知ることがリスク管理の第一歩

FXのレバレッジを解説、レバレッジを知ることがリスク管理の第一歩

実はFXのレバレッジについて、多くのトレーダーはそれほど意識せずにトレードを行っています。その結果、投資資金に比べ多すぎるリスクを取ってトレードする事態を招いています。勝っている時はよいのですが、連敗が続くとリスクを過度に取ったトレードは、アッと言う間に資金が減少してしまいます。

今回はFXトレードには必要不可欠なレバレッジについて、簡単な解説を行いました。

レバレッジって何?

FXや先物取引ではLeverage「レバレッジ」という「魔法の杖」が使えます。「レバレッジ」とは「梃(テコ)の原理」の事です。

重たい物をそれより軽い物で持ち上げることができる、よく知られた原理です。FXでは資金=「証拠金」をFX会社へ預け入れる事により、その資金量よりも大きい取引ができます。

例えばレバレッジ10倍、預けた証拠金が10万円の場合は、10×10万円=100万円のトレードが可能になるのです。レバレッジ100倍だと相場が1%期待した方向へ上昇しただけで証拠金は2倍になります。ただし逆に動けば「ゼロ」になってしまいます。

この「レバレッジ」こそがFXトレードの醍醐味であり、「ハイリスク・ハイリターン」と
言われる要因です。決められた「最大レバレッジ」使ってトレードするというのは危険で絶対に行うべきではありません。

自分の用意した「証拠金」がいくらで、何倍のレバレッジでトレードを行うべきか、しっかりと把握すべきです。

実際のトレードにおいては「ロット単位」というものが最も関係します。一般的には0.1ロット=1万通貨単位、0.01ロット(マイクロ・ロットなどと言います)=1000通貨単位です。

「通貨単位」というのはFXマーケット内で使われる、言わば「仮想的通貨」の事を指します。1通貨単位=1USドル=100円 というように考えればイメージしやすいでしょう。


レバレッジは梃(テコ)の原理を意味します

実行レバレッジとは

FXの初心者にとっては、「最大レバレッジ」、「実行レバレッジ」、「取引ロット」「証拠金維持率」、「ロスカット(マージンコール)」など、聞きなれない業界用語が多く出てきて、戸惑われる方もおられるのではないでしょうか?

しかしながら用語をしっかりと把握しておかないと「資金管理」=「リスク管理」ができません。よって少しずつでも慣れてゆく必要があります。

まずは「レバレッジ」に関して解説します。「レバレッジ」とは小さい資金(=証拠金)
でも大きな取引ができるという大変有用なものなのです。しかしながら、いわゆる「ハイレバ」でトレードしてしまってはあっという間に証拠金がなくなってしまいます。

いかに「実際のレバレッジ=実行レバレッジ」を抑えて無理のないトレードをするかが、FXトレードをうまく運ぶコツとなります。

「最大レバレッジ25倍」となっていれば、0.1ロット=1万通貨単位のトレードを
するには証拠金は最低「4万円」必要です。

実行レバレッジの計算ですが、今ドル円のトレードをするとします。
仮に1ドル=100円であれば、1万x100÷(証拠金合計=4万円)=25倍、という事で実行レバレッジも25倍となります。

証拠金を倍の8万円用意すれば、実行レバレッジは半分の12.5倍となります。

レバレッジと証拠金

FXでは証拠金量によって「実行レバレッジ」も変わります。証券会社が許容する「最大レバレッジ」は「実行レバレッジ」とは関係ない点は十分に認識する必要があります。

用意する証拠金が倍になれば、実行レバレッジは2分の1に減ります。ドル円で現在のレートが1ドル=100円とします。

①ロット単位=0.1=1万通貨単位が最低のロットとすれば、1万x100円÷(証拠金)=実行レバレッジという計算になります。実行レバレッジ=25倍にするには、証拠金=4万円必要という計算になるのです。現在、日本でのレバレジ規制=25倍までですので最低証拠金は4万円必要という事になります。

次に、②ロット単位=0.01=1000通貨単位(マイクロロット)ではどうでしょうか? 
1000×100円÷(証拠金)=25倍ですので、最低証拠金は4,000円となります。このように実行レバレッジは、取引できるロット数量と用意する証拠金量によって計算されます。

実行レバレッジの目安も必要となりますが、これは実際のトレードにおいてどれだけ損失を許容するかによります。いわゆるドローダウン=?%までという事となります。

先ほどのドル円での例で計算を行います。0.1ロットで10銭動けば1,000円プラスかマイナスになります。(スプレッド、手数料などは無視します)

例えば証拠金=4万円で、ドローダウン=50%までとすれば、4万円x50%=2万円、となりドル円が2円、予想と反対方向に動いてしまえばそれで「打ち止め」です。
マイクロロットであれば、20円になります。

適正なレバレッジ

FXトレードで適正なレバレッジを維持するには、「実行レバレッジ」をしっかりと計算する事です。「実行レバレッジの適正さ」はトレードの手法に依存します。

つまり「損失=ドローダウン」をどこまで許容するかで基準も変化します。デイトレード、とりわけ「スキャルピング手法」であれば1回のトレードで、数銭~数十銭で利確、損切りはその倍位(複数ポジションを持たない)とすれば高めの実効レバレッジで問題ありません。

つまりは現在の「最大レバレッジ=25倍」=「実行レバレッジ」として4万円が最低証拠金として必要です。1万通貨のトレードを行い、ドローダウンが50%であれば2万円負けてもOKです。これは2円=200銭分です。

1回のスキャルピングで仮に損切り=20銭(20pips)と決めておけば連敗しても、10回までは耐えられる計算になります。

もう少し大きい流れを捉えるスイングトレードではどうでしょうか?200銭=200pips 位は1回のトレードで最低でも必要なラインかと考えられます。従ってこの実行レバレッジでは
難しいと言えます。少なくともこの10倍は必要でしょう。そうすると「必要証拠金」は
40-50万円となります。

この時の「実行レバレッジ」は2.5倍になります。一般的にもスイング・トレードとしては
適正値ではないでしょうか。

「レバレッジ」はこのようにあくまで「実行レバレッジ」が重要になる事を、計算式も含めて正しく認識する必要があります。レバレッジについて、深く考えずに無茶な通貨数でトレードを行う初心者が多くいます。まず1トレードあたり、どの程度の損失を許容するかは、最初の段階で必ず決めるべきと言えます。


トレード毎に実行レバレッジは計算したいもの

レバレッジ規制と海外口座

日本でのFX取引は「レバレッジ」に関する法規制で段階的に下げられ、2011年には最大25倍までという事になりました。

かつては200倍、400倍といったいわゆる「ハイレバ」でのトレードが可能であった事を考えると、「FX取引の醍醐味が失われた」といった嘆きの声も多く聞かれました。

「レバレッジ規制に関しての是非」はさておき、法律は守らなければなりません。レバレッジ規制の問題の前に、日本の金融庁に登録されていないFX会社の日本での営業は禁止されています。

個人投資家はこの点を十分理解する必要があります。金融庁の管轄下で営業されていれば当然、日本人へのサービス提供として「レバレッジ最大25倍まで」としなければなりません。

現状、日本の金融庁に登録していない外資系証券会社での口座開設ができてしまうため、「レバレッジ規制を逃れる方法」と称して海外のFX会社が紹介されるケースがあります。

日本の法律下にない会社と言うのは、つまりは何かあっても日本の法律では守ってもらえない、という事を十分理解する必要があります。

海外FX会社では、入金した証拠金が戻らない、利益金額の出金ができない等のトラブルは、インターネットを多少検索するだけでも、無数のトラブル事例を発見することができます。よって少なくとも、初心者は近寄らないのが無難と言えます。

まとめ

FXトレードのレバレッジは25倍まで、との言葉は多くの方が理解していますが、実際にレバレッジ25倍の意味するところを自らのトレードにまで落とし込んでいる方は、中~上級トレーダーを除くと、意外に少ない実態があります。

トレード手法も大切ですが、大切な資金を守るための資金管理・リスク管理も必要不可欠です、そのためにも、レバレッジについての理解は必要不可欠となります。

ものは試しにこれまでのトレードデータを利用し、これまでの損切がリスクの観点からどんな状態だったか調べてはいかがでしょうか?大半のケースでリスクを取り過ぎ=通貨数多過ぎ、との事態が該当すると考えられます。

レバレッジについて理解した上で、しっかりとリスク管理をした上でFXトレードに取り組みたいものですね。

FXの基礎カテゴリの最新記事