FXの自動売買とは?メリットとデメリットを解説

FXの自動売買とは?メリットとデメリットを解説

これからFXを始めようかと考えている方の中には、「自動売買」について聞いたことがある方も多いと思います。何やら便利そうな響きですが、実際のところFXの自動売買とはどのようなものなのでしょうか。この記事では、FX自動売買の概要やそのメリット、デメリットなどをご紹介します。

FXの自動売買とは

FXの自動売買とは、専用のシステムを設定したり選択したりするだけで、そのシステムが自動的に24時間取引を行ってくれるというものです。自動売買システムには相場の状況などに応じて自動的に取引を実行するロジックが組み込まれています。一度設定を済ませてしまえば、あとはシステムがあなたに代わって、自動でプロ並みのトレードを行ってくれるというすぐれものなのです。

FX自動売買のメリット

まずはFX自動売買のメリットをご紹介しましょう。

時間がない人でも大丈夫

FX自動売買の良いところは、何と言っても自分でずっとチャート画面を見たり決済タイミングを探ったりしなくていい点です。最初の設定なり選択なりを済ませたら、あとは基本的に放置しているだけでシステムが勝手に売買をしてくれます。仕事が忙しくて時間がないような人でも安心です。

専門知識があまりなくてもトレードできる

FXトレードには、ご存知の通り様々な専門知識が必要です。特にテクニカル分析をするためには、チャート見方から読み解き方まで、いろいろと覚えなければいけないことがたくさんあります。ところが自動売買であればシステムが自動的に取引してくれるわけなので、それほど専門知識が必要ありません。初心者でも簡単にFXを始められます。

感情に左右されない取引ができる

FXトレードでやってしまいがちなのが、自分の感情にとらわれて、結果的に損な売買をしてしまうことです。特に初心者の場合、適切なタイミングで損切りをするのが苦手なケースが目立ちます。自動売買であれば当然そうした感情に左右されずに済むため、結果として安定的な成果が得られるのです。

FX自動売買のデメリット

もちろんFX自動売買だって万能だというわけではありません。自動売買のデメリットも見ていきましょう。

手数料などのコストが高い場合も

FX業者によっては、FX自動売買を利用するのにまとまった手数料が必要なことがあります。またFX自動売買のシステムや設定データの購入に高額な費用がかかることも。なので自動売買では、ある程度の資金を運用しないとペイしないというケースも考えられます。

結果を出すには長期的なトレードが必要

自動売買システムを使えば常に利益が出るというわけではありません。短期的には損失が出ることだって日常茶飯事です。安定的な成果を出したいのであれば、長期的な視点でじっくり取り組む必要があります。

FX自動売買システムの主要な3タイプ

FX自動売買のシステムにはいくつかの種類があります。ここでは主要な3タイプについて簡単にご説明しましょう。

リピート型

リピート型は、基本的なシステムはあらかじめ組み込まれており、あとは自分で売買条件などを設定するだけというタイプです。設定した条件に即した取引を繰り返します。

選択型

選択型は、あらかじめ必要なロジックが完全に設定されたシステムが複数用意されており、トレーダーはそれらの中から利用するものを選択するだけというタイプです。システムを選ぶだけで設定などは必要ないので、初心者向きだと言えます。

自己設定型

自己設定型は、自分でシステムを細かく設定したりカスタマイズしたりするタイプ。専門知識が求められるので上級者向きです。自分のストラテジーに合わせて自由にシステムを調整できるほか、その時々の相場に合わせて細かくチューニングが可能です。

FX自動売買を利用する際に気をつけたいこと

最後に、FX自動売買を利用するなら気をつけたいポイントをご紹介します。

自動売買システムを適当に選ばない

それぞれの自動売買システムには当然ながら特徴があり、向いている相場・向いていない相場というものがあります。なのでまったく知識のないまま、適当にシステムを選ぶのは危険です。FXに関する最低限の知識を身につけた上で、適切なFX自動売買システムを選ぶようにしましょう。

安易に手動介入しない

特に損失が拡大しているような場面では、手動介入したい衝動に駆られることもあると思います。しかし安易に感情に任せて手動介入するのはおすすめできません。自動売買システムは中長期的に見れば安定的な結果を出せるようにプログラムされているわけですから、よほどのことがなければ簡単に手動決済するのは控えたほうがいいでしょう。

FXの基礎カテゴリの最新記事