FX初心者に最適な投資額は?必要な予算を分析

FX初心者に最適な投資額は?必要な予算を分析

「将来のためにも、これからFXを始めてみようかな」――そんな方も多いのではないでしょうか。FXはFX口座を開設して初期投資費用を用意すれば、誰にでもすぐに始められる投資です。しかしここで悩んでしまうのが、「どれくらいの投資額でFXを始めればいいのか」という点ですよね。

実際のところ、FX初心者は最初にいくらの投資額を用意すればいいのでしょうか。この記事では、FX初心者が最初の投資額を決めるためのポイントや、FXトレードをスタートするのに最低限必要な投資額などを解説していきます。

基本は「余剰資金」でトレードすること

最初に押さえておきたいのが、FXの投資資金は「余剰資金」だけを使うという原則です。余剰資金というのは、簡単に言えば「なくても生活に困らない資金」のこと。毎月の収入から諸々の生活費を引いた額がそれにあたります。生活費を切り崩してFX投資を始めるというのはリスクも高いのでおすすめできません。

FXを始めるにあたって用意する投資額の予算は、各自が持っている余剰資金によってある程度決まってくることになります。まずはこの点を忘れないようにしてくださいね。

FXならではの特徴「レバレッジ」とは

ご存知の方も多いかと思いますが、FXには「実際の投資額以上の金額をトレードできる」という特徴があります。それを可能にしているのがレバレッジという仕組みです。たとえば15万円の資金に10倍のレバレッジをかけると、150万円分のお金を動かすことができます。そのためFXの場合、必ずしも「投資額が少ないと儲けも少ししか得られない」というわけではないのです。

必要な最低資金はFX会社によって異なる

それでは最低いくらのお金があれば、実際にFXトレードをすることができるのでしょうか。FX取引に必要な最低資金は、口座を開設するFX会社によって異なります。

FX業者はそれぞれ最低取引通貨単位というものを定めています。たとえば最低取引通貨単位が1万通貨なら、ドルの場合1万ドルから取引できるといった具合です。1万ドルというと、単純に「1米ドル=100円くらい」と考えれば100万円ほどになりますよね。先述の通りFXにはレバレッジがあるので実際に100万円用意しなければならないわけではありませんが、それでも数万円単位の投資額は必要になってきます。

一方最近では1,000通貨単位から取引可能なFX会社が徐々に増えてきています。中には1通貨単位からトレードできるというFX会社も。最低取引通貨単位が1通貨単位ということは、米ドルの場合100円程度あればFXを始められるということになります。

初心者なら投資額10万円をひとつの目安に

FXで投資すべき金額に正解というものは存在しませんが、FX初心者なら「10万円」という投資額がひとつの目安になるのではないでしょうか。もちろんそれ以下の金額でもFXはできますし、今はワンコインあればFXを始められる時代です。しかしやはり、あまり少額すぎても得られるリターンには限りがあります。それに数千円~2、3万円という投資額で始めても、モチベーションや適度な緊張感が出ないという方も多いはずです。

しかしかと言っていきなり数十万円の資金を投資額としてつぎ込むのもそれなりにリスクがあります。FXに慣れないうちは、大金を一気に投資に充てるのは避けたほうが無難でしょう。それにFXにはレバレッジの仕組みがありますから、そこそこの金額で十分な儲けを出すことが可能です。

こうした点を考慮してみると、10万円という金額は、初心者にとってひとつの基準や目安にできる投資額だと言えるのではないかと思います。もちろん余剰資金の額やFXの目標は人それぞれ。自分が無理なく用意できる予算内で、あなたにぴったりの投資額を考えてみてくださいね。

FXの基礎カテゴリの最新記事