FXと仮想通貨を比較!初心者にはどちらがおすすめ?

FXと仮想通貨を比較!初心者にはどちらがおすすめ?

副業やお小遣い稼ぎ、あるいは老後のための資金準備として投資を始める人が増えています。中でも最近人気なのがFX。投資に詳しくなくても、FXという言葉は多くの方がご存じだと思います。また今一番注目度が高いと言えるのが、仮想通貨取引です。仮想通貨のひとつであるビットコインはニュースなどでもお馴染みですよね。

FXと仮想通貨はどちらも人気の投資ですが、いったいどのような違いがあり、それぞれどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。そして投資初心者がこれから始める投資としては、どちらのほうが適しているのでしょうか。この記事では、FXと仮想通貨を様々な観点から比較してみます。

FXと仮想通貨取引の共通点とは

まず知っておきたいのが、FXと仮想通貨取引の共通点です。実はFXと仮想通貨には、共通している部分がたくさんあります。たとえば、FXも仮想通貨取引も、利益を得られる基本的な原理は同じです。

FXでは、ドルと円、ユーロと円といったように、2つの国の通貨を売買して為替変動による差額を得ることで、利益を獲得します。この「為替変動による差額で利益を得る」という原理は仮想通貨取引でも同じ。仮想通貨の場合は仮想通貨と円、仮想通貨とドル、あるいは複数の異なる仮想通貨同士といった具合に、売買のペアが法定通貨から仮想通貨に変わるだけなんです。

また、24時間いつでも取引できるというのも、FXと仮想通貨取引に共通する点です。FXは平日のみ、仮想通貨は休日もOKという違いはありますが、夜間でも取引できるのは、株などと比較した際に双方の大きなメリットとなっています。

仮想通貨取引のメリット

それではFXと仮想通貨取引を比較してみたとき、どういった点が異なるのでしょうか。ここからはFXと仮想通貨の違いを、「仮想通貨取引のメリット・デメリット」という視点から整理してみたいと思います。

まず仮想通貨のメリットとして挙げられるのが、相場の変動幅が大きいという点です。仮想通貨の為替相場は、法定通貨の為替相場に比べるとだいぶ大きく変動しています。そのため短期間でもかなりの金額を稼げる可能性があるのです。

また仮想通貨はまだまだこれからも伸びていく分野だと予想されていますから、今後価格がさらに上昇していく見込みがあるのもメリットです。大きなリターンを狙いたい方にはうってつけの投資だと言えます(もちろんそのぶん、後述するようなリスクも考慮しないといけません)。

仮想通貨取引のデメリット

仮想通貨取引のデメリットとしては、激しい価格変動によって大きな損失が発生するリスクがあるという点が挙げられるでしょう。相場の変動幅が広いというのは「大きな額を儲けられる可能性がある」というメリットでもありますが、一方で「大きな損失が出るリスクがある」というデメリットにもなるわけです。

さらに仮想通貨には国や中央銀行といった後ろ盾がないので、何かあったときに誰も補償してくれません。もしサイバー攻撃などによって保有していた仮想通貨を失ったとしても、残念ながら補償を受けるのは難しいでしょう。

初心者はFXから始めるのがおすすめ

ここまで見てきたように、仮想通貨取引はまだ発展途上ということもあって、やや「ハイリスク・ハイリターン」という性格の強い投資です。ですから投資初心者の場合は、まずFXから始めるのがおすすめ。FXなら仮想通貨ほど相場変動も激しくありませんし、チャート分析や経済指標のチェックによって初心者でもある程度論理的に相場を予測することが可能です。

FXで経験を積んで投資に関する知識を蓄えれば、後々仮想通貨にチャレンジしたくなったときも、スムーズに取引を始められます。FXと仮想通貨を比較して悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。

FXの基礎カテゴリの最新記事