FXで損してしまう人の特徴とは?失敗例から学ぼう

FXで損してしまう人の特徴とは?失敗例から学ぼう

お小遣い稼ぎや副業としてFXトレードに取り組む人は年々増えています。FXはしっかり勉強して経験を積めば、まったくの初心者からでも儲けを出していくことは十分可能です。実際にFXで安定的に稼げている主婦やサラリーマンもいっぱいいます。

ところがその一方で、FXに手を出してみたものの大損してしまい、元金を一気に失ってしまったという人がいることも事実です。FXで損してしまう人には、ある程度の共通項があります。この記事では、FXで大損する人の特徴をまとめてみました。失敗例から学べることは多いので、ぜひ参考にしてみてください。

FXで損してしまう人の特徴5選

FXで大損する人には、だいたい以下のような共通点があります。これからFXを始める方や、FX初心者の方は、これらの「駄目なポイント」をよく覚えておきましょう。

損切りが下手、あるいはできない

FXで大損する人の中で一番多いのが、このパターン。損切りが上手にできないのです。人間はどうしても、「損失を確定する」という行為に抵抗を覚えてしまうもの。しかしFXでは儲けを出すことよりも、まず損失を最小限に抑えることが大切です。自分であらかじめ損切りラインを決めておき、そのルールを厳守しないと、ズルズルと損失額が膨らんでしまうこともあります。「またいつか値が戻るんじゃないか……?」という根拠のない考えは捨てて、損切りすべきときはきっぱり損切りしましょう。

自分のトレードを振り返らない

エントリーから決済まで一連の取引が終わったら、その都度自分のトレードを振り返るのが上達のコツ。FXで失敗する人の多くは、感覚的に取引するだけで、トレードが終わってもそれを振り返るようなことはしません。なので自分の失敗(あるいは成功)から学ぶことができず、いつまでたってもFXトレードの腕が向上しないのです。

FXの勉強をしない

FXに限らず、投資を始めるならまず基本的なことは学んでおく必要があります。実際にトレードを始めたあとも、日々少しずつ勉強することが大事です。何も勉強せず、知識のないままでトレードを繰り返していたら、ギャンブルと変わらなくなってしまいます。面倒でも、最低限の勉強はきちんとしておくことをおすすめします。

毎回儲けを出そうとする

取引をするたび、そのトレードで確実に儲けを出そうとする人が時々いますが、これは上手くいくはずのないストラテジーです。毎回儲けようとして不要な売買を重ねてしまうこともあるので、まず「絶対に毎回利益を出そう」という考えは捨てましょう。一つひとつの取引ですべて儲けるのではなく、トータルで見たときに最終的に利益が出ていればいいのです。毎回儲けようとすると、損切りの決断も鈍ってしまいます。

大きな賭けに出る傾向がある

FXで失敗する人は、特に損失が発生した後、それを取り戻すために大きな賭けに出る傾向があります。とにかく失ったお金を取り戻したいと、根拠が薄いまま大きな額を大きなレバレッジでトレードしてしまうのです。しかし根拠のないエントリーは、リスクだらけと言っても過言ではありません。FXで成功する人は、皆リスクを最小限に抑えようと考えます。根拠のないむやみやたらなトレードは、ギャンブルでしかないのです。

FXではリスク管理が何より大事

FX取引で成功するのに何より大事なのは、リスク管理です。リスクを正しく認識し、それに対して備えることが、成功するFXトレーダーの必要最低条件だと言えます。FXトレードでは、常に「どれだけ利益を増やすか」ではなく、「どれだけ損失を少なくするか」にフォーカスしましょう。

リスク管理のひとつの方法として、逆指値注文を利用するのも効果的です。逆指値注文とは、事前に指定したレートよりチャートが損失側に値動きしたとき、自動的に決済して損切りしてくれる注文方法。大きな経済ニュースがあって相場が急変動したような際にも、損失が拡大するのを防ぐことができます。

まとめ

今回は、FXで損してしまう人の特徴や共通点について見てきました。きちんとFXについて基本的な勉強をし、今回ご紹介した注意点を覚えておけば、FXで大損してしまうことはないはずです。リスク管理さえちゃんとすれば、FXはとても魅力的な投資だと言えます。これからFXトレードにチャレンジする方は、ぜひ今回の内容を心に刻みつけてくださいね。

FXの基礎カテゴリの最新記事