FXで複数口座を開設するメリットとは?

FXで複数口座を開設するメリットとは?

FXでトレードをするには、FX口座の開設が必要です。これからFXを始める場合、まずひとつのFX会社を選んで口座を開くことになるでしょう。ところが実は、FXである程度の経験を積んだトレーダーのほとんどは、複数のFX会社で口座を開設しています。これはなぜなのでしょうか。

FXで複数口座を開設することには、様々なメリットがあります。しかもFX口座を開くのは無料ですし、口座維持手数料などもかからないので、複数口座を開いてもあまりデメリットがないのです。この記事では、FXで複数口座を開く利点などについてご紹介します。

FXで複数口座を開設するメリット

FXで複数口座を開く理由は、人によって様々。初心者の方も、少しトレードの経験を積んだら、複数口座の開設に興味が湧くのではないかと思います。まずはFXで複数口座を持つメリットをご紹介しましょう。

短期トレードと長期トレードで使い分けができる

FX会社によって、スプレッドやスワップポイントにはかなりの差があります。スプレッドの狭さがアピールポイントのFX業者もいれば、魅力的なスワップポイントが特徴のFX業者もいるのです。そのため、短期トレードに向いている(スプレッドが狭い)FX会社と、長期トレードに向いている(スワップポイントが大きい)FX会社は異なります。そのため短期トレード用と長期トレード用でFX口座を使い分けるのが一般的です。

それぞれのFX会社のツールや情報にアクセスできる

各FX会社は、口座開設をした人向けに色々なトレードツールや独自の為替ニュースなどを提供しています。システムトレードでの自動売買をしたければ、システムトレードに強いFX会社で口座を持つのが一番。一方でアナリストの独自分析などで深く情報収集したければ、そのような情報を提供しているFX会社で口座開設しておく必要があるでしょう。このように、FXで複数口座を開設すると、アクセスできるツールの数や情報量が飛躍的にアップするのです。

資産運用や取引の安定性がアップする

専業トレーダーにもなってくると、多額の資金を運用することになりますよね。FXで大きな額を動かすようになると、たとえばあるFX会社でサーバーダウンなどが起きて一時的に取引できなくなると、かなりの損失が出てしまうことも考えられます。そこで多くのプロの投資家や、本格的にFXに取り組んでいるトレーダーは、資産運用と取引の安定性を確保するために、複数のFX口座を運用しているのです。

キャンペーンをお得に活用できる

FX会社はよく、口座を持っている人向けにお得なキャンペーンを実施していることがあります。複数口座を持っていれば、どこかのFX会社で魅力的なキャンペーンが始まったとき、すぐに応募できて便利です。また、口座開設時にキャッシュバックなどのキャンペーンを行っているケースもあります。そうしたときを狙って口座開設すれば、投資資金のちょっとした足しにもなるでしょう。

FXで複数口座を開設するデメリット

FX口座の開設と維持は基本的に無料です。なので、FXで複数口座を持っていても、それほどデメリットらしいことはありません。ここでは、人によっては気になるかもしれない点をまとめてみました。

確定申告で損益通算が必要

複数口座で儲けや損失が発生した場合、確定申告の際にそれらの口座での損益を通算する必要があります。そのためには、それぞれのFX会社での取引明細を確認しなければなりません。それほど大した手間ではありませんが、面倒といえば面倒かもしれませんね。

開設しすぎると口座管理が面倒になることも

あまりたくさんFX口座を開設しすぎると、「どこでどの取引をしていたんだっけ……?」と、口座管理がやや面倒になってしまうケースもあります。ただ、口座を開いたからといってそのFX会社で取引しなければならないわけではないので、口座開設してそのまま放っておく分には特に口座管理が面倒になることはないでしょう。

まとめ

今回はFXで複数口座を開設するメリットとデメリットについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここまで見てきたように、FX口座を複数持っていたところで損するわけではありませんし、お金もかかりません。複数口座を持っておけばトレードや分析の幅がきっと広がるはずです。まだひとつのFX口座しか開いていないという方は、ぜひこれを機に複数口座の開設を検討してみてはいかがでしょうか。

FXの基礎カテゴリの最新記事