FXで重要な経済指標は?押さえておきたい指標を確認

FXで重要な経済指標は?押さえておきたい指標を確認

FXをする上で欠かせないのが、チャートや経済状況などを分析して、これからの動きを予測するという作業です。分析・予測をしてからエントリーするようにしないと、いつまで経ってもFXの腕は上達しません。

FXの相場の動きを予測するのに用いる材料には色々ありますが、その中で重要なもののひとつが「経済指標」。特にファンダメンタルズ分析を重視するなら、経済指標の分析は避けて通れません。今回は、FXで重要な経済指標についてご紹介します。

経済指標とは?

経済指標とは、各国の政府機関や中央銀行などによって定期的に発表される、経済に関わる各種指標のことです。経済や景気の状態や傾向を具体的な数字で表すので、ファンダメンタルズ分析をメインにする投資家にはとても重視されています。

FXで押さえておきたい重要な経済指標

一口に経済指標と言っても、当然ながら世界にはかなりの数の経済指標が存在します。そうした中、特にFX初心者が最初に押さえておきたい重要な経済指標をまとめてみました。以下の経済指標をチェックするようにすれば、だいぶ相場変動の大まかな方向性を予測して掴みやすくなるでしょう。

米国雇用統計

多くのFXトレーダーがもっとも重視しているのが、米国雇用統計です。これはアメリカの労働省が毎月発表している労働関連の指標で、失業率や平均時給、非農業部門雇用者数などがまとめて公表されます。世界経済に大きな影響を与えるアメリカ経済の調子を反映しやすく、かつ毎月という高頻度で発表されている指標なので、とても価値の高い経済指標なのです。米国雇用統計は、毎月第一週の金曜日に発表されます。

GDP

GDPとは「国内総生産」のことで、対象期間内にその国で生み出された付加価値の総額を表す経済指標です。国の経済規模や成長率を見るための指標としてもっとも一般的です。GDPは世界のほとんどの国が発表していて、公表は基本的に四半期ごと。同じ時期の数字に関して速報値がまず発表され、その後確定値が発表されるという形になっている国が多いです。

景況感指数

景況感指数というのは、消費者や経済アナリストにアンケート調査などを行い、その結果を数値に落とし込んで発表される各種指標のこと。景気の良し悪しや消費意欲の程度を知るのに用いられます。各国で様々な景況感指数が発表されていますが、特に注目度が高いものとしてはアメリカの米国消費者信頼感指数やドイツのZEW景況感指数、IFO景況感指数などがあります。

小売売上高

小売売上高とは、スーパーマーケットやデパート、コンビニなど小売業界での売上高の総額を表す経済指標のこと。一般消費者の消費動向を端的に示す指標で、景気の状態や経済の力強さなどがわかります。小売売上高も各国で発表されていて、アメリカの場合は毎月公表される指標です。

まとめ

FXにおける予測分析、特にファンダメンタルズ分析では欠かせない情報である経済指標。普段主にテクニカル分析を行っている人も、今回取り上げた基本的な経済指標くらいは押さえておきたいものです。これらの経済指標に親しみ、チェックする癖をつけることで、トレードの成果にも好影響があるでしょう。

FXにおいて相場の大きな流れを掴むには、やはりある程度世界の経済ニュースに触れることが大切です。今までチャートだけを見て分析してきた人も、ぜひ主要な経済指標も併せて参考にするようにしてみてください。

FXの基礎カテゴリの最新記事