FX初心者にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析、どちらがいい?

FX初心者にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析、どちらがいい?

FXでエントリーする(通貨を買う/売る)には、まずその根拠となる分析・予測をする必要があります。何も相場を分析しないでただなんとなくエントリーを繰り返したところでFXの腕は上達しませんし、それではほとんどギャンブルと一緒になってしまいます。

FXにおける相場分析には、大きく分けてテクニカル分析と呼ばれる系統とファンダメンタルズ分析と呼ばれる系統があります。この2つのうち、FX初心者にはどちらが合っているのでしょうか。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

最初に、そもそもテクニカル分析とファンダメンタルズ分析とは何なのかという基礎から確認していきましょう。

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、簡単に言えば、過去の相場の動きを示したチャートを分析して、これからの相場変動を予測する手法のこと。チャートの分析方法にも色々あるのですが、共通しているのは「過去のチャートの動きを解析することで、将来の相場予測が可能になる」という哲学です。

ファンダメンタルズ分析とは

一方ファンダメンタルズ分析というのは、様々な経済指標や経済ニュース、各国の金融政策などを分析して相場予測を行っていく手法のこと。ファンダメンタルズ分析を支えているのは、「相場の動きは様々な経済情勢に影響されて決定されている」という哲学です。

まとめると、チャートの分析で相場を予測するのがテクニカル分析、経済指標・経済ニュースの分析で相場を予測するのがファンダメンタルズ分析ということですね。

初心者にはまずテクニカル分析から入るのがおすすめ

さて、FX初心者にまずおすすめなのは、テクニカル分析です。最初はテクニカル分析の基本的な手法から学んで、相場の分析に慣れ親しんでいくのがいいでしょう。その理由は主に2つ。

1つめの理由は、ファンダメンタルズ分析には経済に関する知識と素養が必要だからです。ファンダメンタルズ分析では、経済指標を分析したり経済ニュースを読み解いたりするのに、どうしても世界経済や金融に関する知識が必要になります。これはまったくのFX初心者には少しハードルが高いですよね。

2つめの理由は、テクニカル分析について学んでいく上で、様々なチャートの動きのパターンを感覚的につかめるから。FXで結果を出したいなら、まずFXのチャートがどんなふうに動くのか、その変動に肌感覚で慣れ親しむ必要があります。また、テクニカル分析でチャートの分析を練習していけば、FXトレードで不可欠なたくさんの知識や情報を自然に手に入れることができるでしょう。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析は両方必要

初心者のうちはまずテクニカル分析の知識を深めるのがおすすめですが、かといってファンダメンタルズ分析がまったく不要だというわけではありません。FXでは、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を両輪のように使って分析するのが一番です。もちろん多くのトレーダーは「自分はテクニカル分析メイン」「自分はファンダメンタルズ分析を重視」というふうに基本的なスタンスを決めていますが、それでもどちらか一方だけに注目して、もう一方を完全に無視して取引するという人はほとんどいません。

テクニカル分析によって細かい相場の動きが予測しやすくなるというのも事実ですし、ファンダメンタルズ分析によって大まかなトレンドが予測できるというのもまた事実です。また、テクニカル分析は短期的なトレードに、ファンダメンタルズ分析は長期的なトレードに向いているというそれぞれの特徴もあります。いずれはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析を両方使えるようになるのが理想です。

まとめ

今回は、FXトレードに欠かせない相場分析の2つの系統、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析について色々見てきました。前述の通り、FX初心者の場合はまずテクニカル分析から学んでいくのがいいでしょう。それから徐々にファンダメンタルズ分析の基本も身につけていくことで、効率的に上達していけるのではないかと思います。

これからFXを始める方や、FXトレードを始めたばかりの初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

FXの基礎カテゴリの最新記事