FXで儲かる仕組みって?基本からカンタン解説!

FXで儲かる仕組みって?基本からカンタン解説!

FXで儲かる仕組みって、どうなっているんだろう――。そんな疑問を抱いたことがある方も、少なくないのでは?普段あまり投資や経済の話題に触れることがない方にとっては、FXで儲かる仕組みというのは、なんとなくぼんやりとしかイメージできないものです。中には、FXはギャンブルのようなものだと誤解してしまう場合もあります。

しかし、FXは経済の理論に基づいたれっきとした投資ですから、儲かるのにはちゃんとした仕組みがあるんです。この記事では、投資初心者の方に向けて、FXで儲かる仕組みを基礎から解説していきたいと思います!

FXで儲かる仕組みとは

FXは、通貨同士(主に日本円と外貨)を売買して、その差額で利益を得る投資です。FXで儲かる仕組みは、実はとても簡単。たとえば、「1ドル=100円」の相場のときに、日本円で25ドル買ったとしますよね。このときかかったお金は、「100円×25=2,500円」です。それから1ヶ月後、相場が「1ドル=110円」に変動したとします。この時点で持っていた25ドルを日本円に交換すると、「25×110円=2,750円」に。つまり、この一連の売買で差額の250円(2,750円-2,500円)を儲けたことになります。これがまさに、FXトレードで儲かる基本の仕組みなのです。

FX投資のメリット

FXの他にも、株や外貨預金など、投資には様々なものがありますよね。そういった中で、FX投資にはどのような優位性・メリットが存在するのでしょうか。

レバレッジで大きな儲けを狙える

レバレッジというのは、証拠金を預けることで、実際の資金以上の額をトレードできる仕組みのこと。たとえば10万円の資金で10倍のレバレッジをかけると、トレードで100万円分のお金を動かすことができます。つまり、レバレッジを利用すれば、少ない投資資金で大きな儲けを狙えるというわけです。

スワップ金利で利益を上げられる

各国の通貨には、金利の差があります。日本は特に、低金利で知られていますよね。FXでは、低金利の通貨で高金利の通貨を買うと、保有している期間中「スワップ金利」という差額の金利を受け取ることができます。そのため、FXは短期トレードのみならず、中長期的なトレードにもぴったりなんです。

24時間いつでもトレードできる

たとえば株であれば、株式市場が開いている平日の昼間にしか取引をすることができません。ところがFXは世界中のマーケットが舞台なので、平日なら24時間いつでも好きな時間にトレードすることができます。普段仕事や家事で忙しい兼業トレーダーにとっては嬉しいポイントですよね。

FXで儲けるために大切なこと

最後に、FXで安定して利益を出すために大切なポイントを簡単にご紹介しましょう。

常に情報収集のアンテナを張る

FXのチャートは、様々な経済指標やニュースなどに影響を受けて変動していきます。そのため、常に情報収集のアンテナを張って、最新の経済動向についていくことが欠かせません。ニュースや世界経済の動きに敏感でないと、儲けられるFXトレーダーになるのは難しいでしょう。

感情に流されずにトレードする

FXトレードで一番の大敵は、自分自身の感情だと言えるかもしれません。特に損切りのときなどは、「あともうちょっと待っていればプラスに転じるかもしれない……」といった思いを振り払い、あくまで設定した損切りラインにこだわって冷静に判断を下す必要があります。

まとめ

さて、今回はFXで儲かる仕組みの解説を中心に、FX投資のメリットからFXで儲けるために大切なことまでご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

FXと聞くとなんだか難しそうに感じますが、実際に始めてみるとそれほどでもないことが分かるはず。FXに興味がある方は、ぜひこれを機に、FXでのトレードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

FXの基礎カテゴリの最新記事