FX初心者に送るノウハウ解説!押さえておくべき基本ポイントとは

FX初心者に送るノウハウ解説!押さえておくべき基本ポイントとは

すっかり投資の定番として人気が確立された感のあるFX。今や株と並んで、もっとも多くの人がチャレンジしている投資商品だと言えるのではないでしょうか。これからFXを始めてみようと考えている方も少なくないはずです。

でもまったくのFX初心者の場合、「どんな点に気を付けてFX投資をすればいいのか全然わからない……」というケースもあるでしょう。そこでこの記事では、FX初心者の方に向けて、押さえておくべき基本のノウハウをご紹介していきたいと思います。

まずは自分に最適なFX会社を選ぼう

FXで何より大事なのは、自分にぴったりのFX業者を選ぶこと。とは言え、最初のうちはどんな観点からFX会社を選べばいいのかもわからないですよね。まずは「スプレッド」「最小取引単位」という視点でFX会社を見比べることから始めてみましょう。

スプレッドで選ぶ

スプレッドというのは通貨の売値と買値の差のことで、FXではこのスプレッドが実質的な手数料にあたります。スプレッドは同じ通貨ペアでもFX業者によって若干異なるので、比べてみましょう。後々トレード回数や金額が増えてくると、スプレッドの小さな違いが大きな差になります。

最小取引単位で選ぶ

FXでは、FX業者によってそれぞれ取引できる最小の額が決まっていて、それ以下の額ではトレードできないようになっています。最小取引単位は1万通貨以上となっていることが多いですが、少額からFXを始めたい場合は、1,000通貨などこの額が少ないFX業者を選ぶと良いでしょう。

複数のFX口座を使うという手も

実はある程度経験を積んだFXトレーダーは、複数のFX会社で口座を持っていることがほとんどです。FX業者によって「スプレッドが狭い」「自動売買に対応している」「取引に役立つ情報が充実している」など売りとなっている特徴が違うので、慣れてきたら複数の口座を開設してうまく使い分けるのもおすすめです。

FXが初めての人はデモトレードから

FXトレードをするのがまったく初めての場合、いきなり実際の売買を始めるのではなく、「デモトレード」から入ると安心です。デモトレードというのは、実際のお金を使わない練習用シミュレーションのようなもので、リスクを気にせず実戦感覚を養うことができます。

FXトレード日記をつけて自分の取引を分析しよう

自分のトレードの詳細を毎日記録する「FXトレード日記」をつけるのもおすすめ。日付や取引価格、使ったチャートのスクリーンショット、エントリーの理由などを、オンラインノートなどを使用してまとめておくのです。このFXトレード日記を毎月ごとなどに見直して分析すると、自分の癖や課題、そして改善点がくっきりと浮かび上がってきます。

リスク管理をきっちりすることが大切

FXで利益を出していくためには、リスク管理をきっちりすることが大切です。最後にそのコツをいくつかご紹介しましょう。

レバレッジは控えめに

FXの最大の特徴とも言えるレバレッジですが、大きくかけると当然、その分リスクは上がっていきます。特に最初のうちは2〜3倍、高くても5倍程度に抑えておきましょう。

損切りラインを決めて守る

事前に自分なりの損切りラインを決めておき、そのラインはどんな状況でも絶対に守るという心がけが肝要です。「損をしても構わない」という心持ちで、ロスを「ゼロ」にしようとするのではなく、「最小限」に留めようと考えるようにしましょう。

エントリーの根拠を自問する

FXでは、根拠の曖昧な「なんとなく」のエントリーは禁物。何を根拠にエントリーするのか、自分で合理的な説明ができる場合のみエントリーしましょう。意味のないエントリーを何回も繰り返したところで、勝率は上がりません。

まとめ

今回はFX初心者が押さえておきたい基本のノウハウをまとめてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

FX取引と言うと難しく感じてしまうかもしれませんが、やってみればすぐに慣れていくはず。これからFXトレードにチャレンジしようと考えている方は、ぜひ今回見てきたノウハウを参考にしてみてくださいね。

FXの基礎カテゴリの最新記事