FX証券会社はどう選ぶ?選び方のポイントを解説!

FX証券会社はどう選ぶ?選び方のポイントを解説!

サラリーマンから主婦、学生まで、すっかり一般的になってきたFX投資。これから新たにFXを始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。

FX投資をスタートするにあたって、まず決めなければいけないのが「どのFX証券会社でトレードするか」という問題です。今はFX業者の数がかなり多いので、どうやって選べばいいのか、初心者にはなかなか分かりづらいですよね。今回は、FX証券会社の選び方で押さえておきたいポイントをご紹介します。

選び方で確実に押さえておきたい基本のポイント

最初に、FX証券会社の選び方で欠かせない重要なポイントを3つに絞って見ていきましょう。「いったい何をどう比べればいいのか分からない」という初心者の方は、まずこちらの3点を見比べることから始めてみてください。

スプレッドの大きさ

スプレッドというのは、ある通貨の売値と買値の差額のこと。FXでは、このスプレッドがトレードする際の実質的な手数料となります。スプレッドが小さければ小さいほど「手数料が少ない」と言えるわけですが、スプレッドの大きさはFX会社によって様々。1銭、2銭など、ささいな差に見えても、取引の回数や額が増えてくれば無視できない違いになってきます。

スワップ金利の高さ

スワップ金利というのは、簡単に言うと「低金利の通貨で高金利の通貨を買って保有しているときにもらえる金利」のことです。短期間で売買を繰り返す投資スタイルの場合はそれほど気にしなくても良いかもしれませんが、長期保有でじっくりトレードするのを考えているのであれば、このスワップ金利にも注目してみましょう。

口座数や取引高

そのFX証券会社の口座数や取引高は、「どれだけ人気がある業者なのか」「安心して取引できる会社なのか」というのを測る大きな目安になります。人気があるということはそれだけ使いやすい、支持を集めているということなので、特に初心者なら口座数や取引高を参考にしてFX証券会社を決めるのもありでしょう。

使い勝手にこだわるならチェックしたいポイント

続いて、使い勝手にきっちりこだわるならチェックしておきたいポイントを、いくつかピックアップしてみたいと思います。

自動売買が可能かどうか

FXに慣れてくると、専用のプログラムを設定して自動的に取引させる「自動取引」に興味が出てくる方も多いはず。自動取引は本業の仕事で忙しくても24時間トレードできるとても便利なものですが、取り扱っているFX証券会社はそれほど多くありません。将来的に自動売買をしようかと検討している方は、前もって自動売買に対応しているかどうかを確認しておきましょう。

最小取引単位

多くのFX証券会社では最小取引単位が1万通貨程度になっていますが、FXを始めたばかりのうちはいきなり1万通貨も取引するのが不安なこともあると思います。そんなときは、1,000通貨など最小取引単位が少なく設定されているFX業者を選ぶのがおすすめです。

スマートフォンアプリ

スマートフォンからトレードできると、スキマ時間を有効活用できて便利ですよね。最近は多くのFX証券会社が専用アプリをリリースしていますが、その機能や使い勝手にはかなりバラつきがあります。スマートフォンからのトレードが多くなる予定なら、一度複数のFX業者のアプリをインストールしてみて、使いやすさを簡単にチェックしてみましょう。

まとめ

今回はFX証券会社の選び方のポイントを基礎からご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

投資スタイルや好みによっても最適なFX証券会社は変わってきますので、ここまでご紹介してきたポイントを押さえた上で、自分がしっくり来る、使っていてストレスの少ないFX業者を選ぶことが大切です。これからFXを始める方は、ぜひ参考にしてみてください!

FXの基礎カテゴリの最新記事