FXの仮想通貨バージョン?今話題の仮想通貨FXとは

FXの仮想通貨バージョン?今話題の仮想通貨FXとは

FXと言えば、ドルやユーロなど外貨を売買する為替FXが一般的。でも実は、世の中には為替FX以外のFXも存在するんです。その代表格が「仮想通貨FX」で、ビットコインを始めとする仮想通貨への投資が流行する中、一気に脚光を浴びるようになりました。

今回は、この仮想通貨FXとは何なのか、どんなメリットがあるのか、そして通常の為替FXとはどんなところが違うのか、ご紹介していきたいと思います。

仮想通貨FXとは

仮想通貨FXとは、その名の通りビットコインなどの仮想通貨を取引の対象とする差金取引のこと。

通常、仮想通貨の売買をする場合、取引の度にその分の仮想通貨が口座から出ていったり入っていったりしますよね。たとえば「1万円分の仮想通貨を購入して、その価値が1.5万円になったときに売却する」というトレードであれば、まず口座から1万円引き落とされ、次に1.5万円が振り込まれることになります。

ところが仮想通貨FXで実際のお金が動くのは、最後の取引結果の分の金額だけ。つまり上記のケースでは、利益である5千円が振り込まれるだけなのです。

また、仮想通貨FXは為替FXと同様、「レバレッジ」をかけて、担保として預けた金額以上のお金を売買できる仕組みになっています。

仮想通貨FXのメリット

それでは、仮想通貨FXのメリットについて見ていきましょう。

レバレッジによって大きな額のトレードができる

これは仮想通貨FXの最大のメリットだと言えるかもしれません。たとえば10万円の資金に5倍のレバレッジをかけるとすると、実際には10万円しか預けていないのに、最大50万円分の仮想通貨を動かすことができます。少ない資金でも多額の仮想通貨を売買可能なので、効率的な取引が実現するのです。

下落相場でも利益を狙える

普通、仮想通貨の取引で儲けようと思うなら、「安いときに買って、高くなったときに売る」のが基本のパターンになりますよね。でも仮想通貨FXでは、「高いときに売って(売りから入って)、安くなったときに買う」というパターンでトレードすることも可能です。つまり、相場が下降トレンドのときでも利益を狙えるということになります。

仮想通貨FXと普通のFX(為替FX)の違いは?

仮想通貨を売買する仮想通貨FXと外貨を売買する為替FXには多くの共通点がある一方、いくつか異なる点も存在します。仮想通貨FXと為替FXはどんなところが違うのか、確認してみましょう。

ボラティリティの大きさ

仮想通貨FXは、通常の為替FXと比べるとボラティリティ(値動きの大きさ)がかなり大きい投資ジャンルです。ボラティリティが大きいのは時としてリスクと捉えられがちですが、その一方、短期間でハイリターンを狙えるという面もあります。

チェックすべきニュース・情報

情報収集は投資をする上での基本ですが、為替FXと仮想通貨FXとでは、情報収集すべきニュースなどのジャンルが異なります。為替FXでチェックすべきなのは、世界の経済・金融ニュース全般に加え、保有通貨の国の情報や国際政治の話題など。一方仮想通貨FXではそこまで幅広く情報を拾っていく必要はなく、基本的には仮想通貨界隈の最新情報やトレンドについていくだけでも十分なことが多いです。

まとめ

今回は、最近急激に注目を集めている仮想通貨FXの基礎についてご紹介してきました。仮想通貨と言うとリスクの面ばかり取り上げられがち。しかし仮想通貨への投資はこれからますます当たり前のものになっていくでしょう。今から仮想通貨FXについて理解を深めておくことは、将来大きなアドバンテージとなるはずです。

仮想通貨FXに興味があるなら、ぜひこれを機に、一度小さな金額からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

FXの基礎カテゴリの最新記事