FXトレードで初心者が失敗しがちな5つのポイント

FXトレードで初心者が失敗しがちな5つのポイント

FXトレードで結果を残すのは簡単なことではありません。実際、儲ける人より損する人のほうが多いのがFXトレードの世界。日々の取引で失敗するのは、ある意味でごく当たり前のことだと言えます。

しかし、毎日毎日失敗ばかり続いて、なかなか利益が出ないというのであれば、そこに何かしらの原因が隠れているのかもしれません。特に初心者の方の場合、失敗するときの特徴にはある程度の共通点があるもの。今回はそんなFXトレードで失敗しがちなポイントについてご紹介します。

FXトレードの失敗には共通点がある

FXトレードで勝率を上げていくためには、自らの失敗の原因をきちんと振り返って分析することが欠かせません。特に初心者の間は、定期的に「あのときここで失敗したのはなぜだったのか」を分析する機会を設けることが大切です。

一方、FXトレードの失敗には典型的なポイントというものがあり、そこには初心者ならではの失敗の共通点を見ることができます。事前にその失敗しやすいポイントを把握しておけば、無駄なロスを減らすことにつながるはずです。

FXトレードで失敗する初心者の5つの特徴とは

それでは、FXトレードで初心者が失敗しがちなポイントやその特徴を5つ、見ていきましょう。FXを始めたばかりの方は、ぜひここで取り上げた点に気をつけてみてください。

チャートばかり気にして大きな視点を忘れる

チャートの動きから今後の値動きを予測するテクニカル分析は、FXトレードで欠かすことができない重要なもの。しかしテクニカル分析だけで完璧だということはありえません。経済ニュースをこまめに追うなどして、世界経済についてのマクロな視点を持つことも同じくらい大事なのです。経済の知識に疎い方は、経済に関する勉強も少しずつ行うと良いでしょう。

トレードの回数がやけに多い

やたら通貨を売ったり買ったりして、トレードの回数が無駄に多いというのもよくある失敗パターンです。FXトレードは、取引の回数が多ければそれだけ勝つ機会も増えるという単純なものではありません。自分で「なぜここで買うのか/売るのか」を論理的に説明できないエントリーは控えるべきです。FXトレードの際は、いちいち自分に「このエントリーの根拠は何か?」を問う癖をつけましょう。

上手く損切りができない

FXトレードで利益を出すのに一番大事なのは、「いかに利益の幅を増やすか」ではなく「いかに損失の幅を減らすか」です。そのためには自分の中できちんとした損切りの基準を持ち、何があってもそのポイントで必ず損切りをする冷静な態度を保つ必要があります。

トレードがいつも逆張りばかり

初心者の方ほど「もっと大きく儲けたい」という欲が働いて無意識のうちに逆張り投資をしがちですが、逆張りは難易度の高い投資手法です。あくまでFXトレードの基本は順張りだということを心に留めておきましょう。始めのうちは意識して順張り投資をし、順張りでトレードすることに慣れるのがおすすめです。

自分自身での判断を怠ってしまう

「あの雑誌にこう書いてあったから」「あの有名トレーダーがブログでこう勧めていたから」……そんな理由だけで重要な投資判断をするのは、賢明だとは言えません。FXトレードで中長期的に安定した利益を出していきたいなら、面倒でも自分の頭で考える努力をすることが大事です。他人の情報を鵜呑みにすることなく、どんなことでも自分自身での判断を怠らないようにしたいですね。

まとめ

さて、ここまでFXで初心者が失敗しやすい典型的なポイントをざっとご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

特にFXトレードを始めて間もないうちは失敗を重ねて損してしまうことが多いと思います。しかしFXトレードは、知識と経験、ノウハウを地道に積んでいけば、誰でも着実に勝率を上げることのできる投資です。FXトレード初心者の方は、ぜひ簡単に諦めることなく、コツコツとFXトレードのスキルを磨き上げていってください。

FXの基礎カテゴリの最新記事