FXって本当に儲かるの?勝者と敗者を分けるポイントとは

FXって本当に儲かるの?勝者と敗者を分けるポイントとは

株式投資と並んでポピュラーかつ知名度の高い投資、FX。これからFXを始めようかと考えている方や投資初心者の方が一番知りたいのが、「FXって本当に儲かるの?」という点なのではないでしょうか。「どうせ専業のプロとかじゃないと利益なんて出ないんじゃない?」「ギャンブルみたいに運次第な部分が大きいんじゃないの?」など色々な意見があると思いますが、実際のところどうなのか気になりますよね。

そこでこの記事では、FXは果たして儲かるのか、そしてFXで勝者と敗者を分けるのは一体何なのか、特集してみましょう。

「FXは儲かるのか」の答え

さて、FXは儲かるのかというある意味究極的な問いに答えをつけるとしたら、「儲からない人の割合のほうが大きく、簡単な世界ではない。ただし知識やノウハウを身につけていけば、儲けや勝率を上げていくことは誰にでも可能」というのが真実に近いでしょう。

FXでは、1年間トータルで見たときに儲かる投資家の割合はだいたい3割前後だと言われています。つまりおよそ7割の投資家は、FXで損をして1年を終えるのです。この割合についての正確な真偽はともかく、儲からない人のほうが多いというのはまず事実でしょう。

しかし一方で、FXは運にすべてを任せるようなギャンブルではないので、勝率を上げていくための方法論があり、ロジックがあり、ノウハウがあります。こうした知識を実践の中で蓄え、スキルを伸ばしていけば、勝率は着実に上がっていくでしょう。経験と知識、スキルがあれば、FXで儲けることは十分に可能です。

FXで勝者と敗者を分ける3つのポイント

それでは、FXトレードで勝者と敗者を分けるのはどのような点なのでしょうか。ここでは主なポイントを3つピックアップしてみたいと思います。

適切なタイミングで損切りできるかどうか

FXで安定した利益を出せるようになるために大事なのは、いかに儲けを大きくするかではなく、いかに損失を最小限に抑えるかです。大きな負けを出さないことが、最終的に利益を出すことにつながります。そこで必要となるのが、常に適切なタイミングで損切りできる能力、意志力だと言えるでしょう。

しっかりとした知識をコツコツ学べるかどうか

何事もそうですが、FXにも楽な近道というものは存在しません。結局FXで成功する人というのは、多かれ少なかれしっかりとした知識やノウハウを、コツコツ地道に吸収できる素質を持った人だと言えます。生半可な知識だけで小手先のテクニックばかりを学んでも、なかなか安定して勝ち続けることは難しいでしょう。

ツールや情報への投資を怠らないかどうか

FXで儲けるためには、時としてツールや情報への投資を怠らないことも大切です。長くFXを続けていけば、トレードを効率的にしてくれる自動化ツールの購入や、良質な情報を発信している有料メディアの購読などが必要になってくることもあるでしょう。何でもかんでもお金をかければ良いというわけではありませんが、こうした部分でケチりすぎると、その分優秀なトレーダーに遅れを取ってしまうということはあります。

まとめ

FXは誰でも楽に儲けが出るような、簡単な投資ではありません。しかし時間をかけて正しい知識を吸収し、経験とノウハウ、スキルを蓄積していけば、普通のサラリーマンであっても勝率を上げて利益を生み出すことは十分可能です。そこで一番必要なのは、どんなときでも冷静に取引して最適なタイミングで損切りできる精神力だったり、諦めずにコツコツ勉強し続けられる継続力だったりするのでしょう。

FXを始めたばかりの初心者の方は、ぜひ知識と経験を地道に積み上げて、勝てる、儲けを出せるFXトレーダーを目指してみてください。

FXの基礎カテゴリの最新記事