2017年の水準にまで下落したリップル(XRP)のチャートを分析する

2017年の水準にまで下落したリップル(XRP)のチャートを分析する

リップル(XRP)の価格が年初来安値を更新し、2017年の水準にまで下落しました。XRPのチャートを分析し、今後の方向性について検討を行いました。

サポート&レジスタンス転換及び出来高の観点からは、一旦XRP価格は底にコツンと当たった可能性があると言えます。

年初来安値を大幅に下回るXRP

SEC(アメリカの証券取引委員会)がビットコインETFの承認判断を、当初の8月から9月に延期すると発表。その結果、一気に下落した仮想通貨群ですが、その中でもひときわ下落したのがリップル(XRP)。

スピーディーな決済が特徴で、決済の観点ではビットコインを上回る将来性を有しているXRPは、その将来性の高さゆえに価格の上下には目を見張るものがあります。


・XRP/USD週足チャート
※チャート画像はCrypto-Xを利用
Crypto-X

昨年12月に3.2ドルの最高値を付けた後に下落し、現在は0.28ドル水準であり、価格は最盛期の1/10以下の水準に沈んでいます。

またビットコイン(BTC)は8月の下落時も年初来安値を更新することなく耐えている中、XRPはアッサリと年初来安値を更新してしまいました。

XRPは2017年の水準にまで下落、サポレジ転換か?

年初来安値を更新してしまったXRPですが、その水準は2017年の12月に急騰する以前の水準に戻ったことになります。

昨年12月の急騰前の水準で見ると、現在のXRPの水準は2017年の上限付近の水準です。行って来いで戻ってきたXRPは、ここから先は再度上昇に向け動き始める可能性をチャートから見て取ることができます。

2017年の12月を除いた水準では、8月の下落後の値位置は2017年の高値水準であり、行って来いで高値水準がサポート&レジスタンスが交代する、サポレジ転換が生じる可能性があります。

サポレジ転換と考えれば、8月の下落で年初来安値の更新はしてしまったものの、今後の上昇に向け、底にコツンと当たった状態と考えることができます。

XRPの下落が突出している訳ではない

7月半ば以降の約1ヶ月分の日足チャートをBTC(青ライン)、ETH(赤ライン)と重ねたチャートが下記となります。


・XRP(ローソク足)、BTC(青ライン)、ETH(赤ライン)の比較チャート
(画像はTradingView、以下同様)

主要3種類の仮想通貨チャートを比較すると、XRPは年初来安値を更新していますが、下落幅自体は3種類の通貨はほぼ似たような下落幅となっている点に気付かされます。よってXRPの下落が突出している訳ではありません。

尚、ETHも年初来安値を更新していますが2017年4月迄の上昇分はまだ維持しており、XRPに比べると、まだ2017年の上昇分を維持している状態です。

いずれにしても8月の仮想通貨の下落について、XRPの下落が取り上げられるケースが多いのですが、下落幅という観点ではBTCやETHとそれほど変わらない、という冷静な視点も必要です。

8月15日の陽線の出来高が5月以降最高水準に

下落が続くXRPですが、8月15日に出来高が急上昇し、陽線の際の出来高としては5月以降最高水準となりました。

8月に入ってから出来高を伴いながら下落していたXRPですが、底の見えない展開が続く中で、出来高の観点からは底打ちの可能性が生じています。

相場展開としては、一旦レンジ相場を形成後に再度動きを始める可能性が高いのですが、それでも陽線での出来高上昇は、以後の上昇に期待を抱かせるパターンです。

2017年水準にまで下落したXRPですが、2017年12月以前の水準のサポレジ転換と合わせて、陽線時の出来高上昇は良い兆候と言うことができます。

まとめ

SECのビットコインETF承認判断延期が、各仮想通貨価格に大きな影響を与える結果となりました。

中でも年初来安値水準をアッサリと割ってしまったXRPへの影響が大きい状況ですが、改めて8月のXRPの下落についてチャートを用いて分析いたしました。

サポレジ転換と陽線時の出来高急上昇という今後に向け期待感を抱くことのできるXRPですが、果たしてチャートパターンの教科書的な値動きとなるのでしょうか?今後のXRPの値動きに注目したいと思います。

・仮想通貨取引を行うなら世界展開を行っているオンライン金融取引ブローカーのAVAグループがサービス提供しているCrypto-Xがお勧めです。ビットコイン(BTC)だけではなく、今回取り上げたリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)など、全7種類の仮想通貨を取り扱い。更にMT4でのチャート分析や売買が可能です。

AVAグループのCrypto-X詳細を見てみる。

Crypto-X

仮想通貨ニュースカテゴリの最新記事