9月23日の週のBTC/USD、SECがETF判断を延期する可能性が浮上

9月23日の週のBTC/USD、SECがETF判断を延期する可能性が浮上

9月20日にSEC(アメリカの証券取引委員会)が、ビットコインETFの承認判断を延期する可能性を発表しました。

今週のBTC/USDは、SECが今後行う判断を織り込む値動きが予想されます。

新たな展開を見せる可能性のある今週、市場の変化を見逃さぬよう注意が必要です。

先週の振り返り

日本の仮想通貨取引所Zaifで、ハッキングにより70億円の仮想通貨の流出が発覚した先週でしたが、Zaif問題は仮想通貨の値動きに殆ど影響を与えませんでした。コインチェックでNEM流出が発覚の際に、市場が混乱した時とは状況が異なります。

Zaifの問題が発覚したものの、先週のBTC/USDは週足で陽線を形成しました。


・BTC/USD週足チャート
※チャート画像はCrypto-Xを利用(以下同様)

2週間続けての陽線です。ただし6月中旬以降、陽線2~3本の後は陰線というパターンが継続しており、今週・来週は陰線となる可能性がパターン的には高いと言えます。

先週の解説で指摘した通り、現在のBTC/USDは週足で見ると完全にペナント(三角持ち合い)形成のパターンに入っています。

関連記事:9月16日の週のBTC/USD市場、ペナントの形成が進む

先週は2週続けての陽線となりましたが、前回の陰線の範囲での値動きであり、引き続きペナント形成を継続中です。

出来高的を伴いながらの上昇に

先週のBTC/USD市場は日足で見れば18日(火)~21日(金)まで4日続けての陽線です。その上昇の中で注目したいのは、出来高を伴いながら上昇しているという点。


・チャート画像はTradingViewのBTC/USD日足チャート

9月5日、6日と出来高を伴いながら下落した後、少ない出来高が続いていましたが、19日・21日は比較的大きな出来高を伴いながら上昇しました。先週の日足の上昇の際には見られなかった状態です。

本格的な出来高回復、と言える程ではありませんが、9月上旬の下落発生以降では初の状態であり、今後の上昇に期待感を抱かせる出来高と価格のセットでの上昇となっています。

SECによるビットコインETF承認判断が延期される可能性が

足元のBTC/USD市場の値動きの無さは、9月末に予定されているSECによるビットコインETFの承認待ち、と考えられていました。

しかしながら9月20日にSECは新たに、ビットコインETFの承認判断を先送りする可能性がある、と発表しました。

https://www.sec.gov/rules/sro/cboebzx/2018/34-84231.pdf

最終的に延期されるかどうかは明らかにされていませんが、状況的には9月末と言われていたビットコインETFの承認判断が、2月まで伸びる可能性が高いと言えます。

今週のBTC/USD市場

今週も先週同様日本は月曜が祝日となります。上述の通り、SECによるビットコインETF承認判断が12月に延期される可能性が高いため、BTC/USDの相場観も再検討が迫られます。

よって今週は、新たな値動きが生じる可能性があります。ただし単に9月の判断が12月に伸びるだけ、と市場が織り込めば、引き続きレンジ相場が継続する事になります。

SECはETF判断延期を決定した訳ではありませんが、どのような判断となるにしても、今週からSECの判断を織り込むような値動きが生じる可能性が高いと言えます。

今後のBTC/USDの値動きを考えると、ペナントを形成するラインがすぐ上の7,000ドル付近に存在しています。よって若干上昇した後の7,000ドル付近での値動きに注目が集まります。


・BTC/USD日足チャート

これまで通りペナント形成維持で下落してしまうのか、さすがにペナントブレイクが発生するのか、SECの判断のみならず、値動きの観点からもターニングポイントを迎える可能性が高い状況です。

まとめ

SECによるビットコインETFが9月末に行われる、という前提でBTC/USD市場はこれまで動いていました。しかしまだ決定した訳ではありませんが、SECの判断が延期となる可能性が高いという状況下で、今週の取引がなされます。

出来高増を伴いながらの上昇で足元は良好な環境なBTC/USD市場ですが、ファンダメンタル的な要因が発生すれば、環境は一変しかねません。

SECの判断というファンダメンタル要因を背景に、新たな値動きが生じる可能性もある今週のBTC/USD市場、市場の変化の兆候を逃さぬよう注意したいと思います。

・仮想通貨取引を行うなら世界展開を行っているオンライン金融取引ブローカーのAVAグループがサービス提供しているCrypto-Xがお勧めです。ビットコイン(BTC)を始め、全7種類の仮想通貨を取り扱い、更にMT4でのチャート分析や売買が可能です。

AVAグループのCrypto-X詳細を見てみる。

Crypto-X

関連記事:Crypto-Xについて

仮想通貨市況解説カテゴリの最新記事