8月19日の週のBTC/USD市場、上昇しても6,700ドル付近が上限か?

8月19日の週のBTC/USD市場、上昇しても6,700ドル付近が上限か?

多くの市場関係者が休みを取った先週は、BTC/USD市場はあまり値動きが生じず、夏休みらしい値動きとなりました。

今週から各市場にプレイヤーが戻りますが、BTC/USDはSECのETF判断待ちの状態です。大きな値動きが生じる事が難しい状況下、夏休み明けで値動きが復活するのか、という点にまずは注目です。

先週の振り返り

SECがビットコインETFの承認の判断時期を8月から9月に延期する、と発表しての下落から1週間、先週のBTC/USDはトレンドが生じない1週間となりました。


・BTC/USD週足チャート
※チャート画像はCrypto-Xを利用(以下同様)

週足で見ると2週間続けて陰線の後、実体の短い陽線です。冷静に考えればビットコインETFについて具体的に決定された事実の無い中で7月に上昇しており、そのメッキが剥がれたら元の価格に戻りその価格が確定した、と言える状況です。その証拠に6月の安値は割れずに維持されています。

フィボナッチ・リトレースメント78.6%レベルで耐える

先週は14日(火)に大きな下落が生じましたが、直近の高値と安値で算出したフィボナッチ・リトレースメント78.6%レベルでどうにか価格を維持。


・BTC/USD日足チャート

日足で見ると14日の下落は長い下ヒゲを付けています。またそれ以前も6,100~6,200ドル以下ではヒゲを付けていることから、同水準以下では強い買い注文が入っている様子が見て取れます。

リトレースメント78.6%レベルを完全に割れると6月の最安値5,700ドル台が見える場面でしたが、ヒゲもどうにか5,800ドル台で伸びが留まり、最安値更新はなりませんでした。

今週のBTC/USD市場

トレンドが生じない先週は、金融市場の市場関係者の多くが夏休みを取った1週間でした。今年はトルコリラの急落があり、株式市場・為替市場いずれも例年以上の値動きがありましたが、例年の夏休み期間は値動きが少なくなる傾向にあります。BTC/USDは実体の短い陽線を形成しており、夏休みモードにあった、と言える状態です。

今週から市場関係者が徐々に金融市場に戻るため、今週から各市場の値動きが本格化する可能性があります。

今週のBTC/USD市場の見どころとしては、フィボナッチ・リトレースメント78.6%レベルを維持して反発するか、それとも割れてしまい最安値に向けての動きを開始するのか、という点にあります。

夏休みモードということもあり、先週は次の値動きのためのエネルギーを溜めた状態のため、今週から大きな値動きを見せる可能性があります。

上昇の場合6,700ドル付近が一旦の天井か?

ただし今週BTC/USDが上昇の場合、一旦6,700ドル付近で天井を打つ可能性が高い状況です。


・BTC/USD日足チャート

過去の値動きを見ると、6,700ドル付近は6月以降のレンジ相場の上限となっています。またフィボナッチ・リトレースメントでは61.8%に位置しています。過去のレンジ相場上限及びリトレースメント61.8%というレベルの2つの根拠が重なっており、上昇の場合でも一旦6,700ドル付近で上昇がストップする可能性があります。

足元の仮想通貨市場はSECのビットコインETF可否判断待ちであり、結論が出るまで他に大きなファンダメンタル的な要因がなければ、動くに動けない状態です。よって上昇・下落いずれの場合でも、これまでの値動きを一気に変えるような値動きが生じる事が難しい状態となっています。

7月の行って来い相場の上昇と下落を除くと、足元は5,800~6,700ドル間のレンジ相場を形成しており、同レンジを単なる値動き要因のみでブレイクするには力不足と考えられます。

まとめ

先週は14日にヒヤリとした下落がありましたが、大きな値動きは殆ど生じず、夏休みを感じざるを得ない値動きとなりました。

今週から徐々に各市場にプレイヤーが戻り、それぞれの市場に値動きやトレンドが生じることになります。

トルコリラの問題が小康状態となっていますが、今週のトルコは殆ど祝日であり、トルコリラ問題は今週も小康状態が継続すると考えられます。

夏休み明けとなる今週についてまずは、BTC/USDに値動きが復活するのか、という観点でフォローしたいと思います。

・仮想通貨取引を行うなら世界展開を行っているオンライン金融取引ブローカーのAVAグループがサービス提供しているCrypto-Xがお勧めです。ビットコイン(BTC)を始め、全7種類の仮想通貨を取り扱い、更にMT4でのチャート分析や売買が可能です。

AVAグループのCrypto-X詳細を見てみる。

Crypto-X

関連記事:Crypto-Xについて

仮想通貨市況解説カテゴリの最新記事