カテゴリー:週間見通し

1/2ページ
  • 2018.07.17

7月15日の週のBTC/USD市場、16日の上昇で幸先よいスタートを切る

先週のBTC/USDは週足で陰線となったものの、絶対防衛ラインの6,000ドル付近の死守に成功。しかし値動きの少ない状態が継続しています。 今週は16日の祝日(海の日)に上昇し、幸先良いスタートを切っています。しかし6,800ドル付近には硬い天井が存在しており、6,800ドル付近での攻防の行方が注目されます。 先週の振り返り 週足のローソク足では陰線で終わった先週のBTC/USD市場ですが、大きな […]

  • 2018.06.26

USD/JPYの振り返りと予想、レンジ相場はいつまで続く?(2018年6月26日版)

フィボナッチ・リトレースメントとスイートバンド(Sweet Band)を活用して、先週のUSD/JPYを振り返るとともに、今週のUSD/JPYの値動きの予想を行ってみました。 ワールドカップ開催中はトレンドが生じる事が少ない、と言われる事もある為替市場ですが、今週も先週に引き続きUSD/JPYはレンジ相場が継続するのでしょうか? 先週のUSD/JPY振り返り 先週分かり易い値動きを見せたのはUSD […]

  • 2018.04.23

4月22日の週の為替市場、ドルインデックスの値動きに注目

先週は米2年債の金利上昇につられるようにドルインデックスが上昇。そしてドルインデックスは、レンジ相場の上限に到達しました。またUSD/JPY、EUR/USDも、レンジ相場の限界点に近付いており、分岐点に差し掛かっています。 GW目前の今週、ドルストレート通貨のブレイクを誘うような値動きが生じるかどうか、ドルインデックスの値動きが注目されます。 ドルインデックスがレンジ相場の上限に到達 ドルの各通貨 […]

  • 2018.04.16

4月15日の週のUSD/JPYの分析と予想、米英仏のシリア爆撃の影響を見定める必要あり

3週連続で陽線を形成したUSD/JPYですが、一旦レンジ相場の上限に到達し、反転し週の取引を終えました。 しかしながら14日(土)には米英仏の3カ国がシリアへの爆撃を実施。既に先週からシリア攻撃を先取りするような値動きを見せる商品もある中、週明けの金融市場への影響が注目されます。 今週のトレードはシリア攻撃を受けての値動きを見定めた上で、売買に臨む姿勢が重要と言えるのではないでしょうか。 週足チャ […]

  • 2018.04.09

4月8日の週のUSD/JPYの分析と予想、レンジ相場継続か

米雇用統計明けの4月8日の週のUSD/JPYについて、チャートを見ての足元の状況を踏まえ、今後の値動きの予想を行いました。 ドルインデックスや米2年債の状況からは、今後も104円台半ば~107円台後半のレンジ相場が継続する可能性が高いと考えられます。 週足チャートで見るUSD/JPY 一時107円を回復した先週のUSD/JPYですが、まずは週足チャートでUSD/JPYの現在置かれている位置の確認を […]

  • 2018.04.02

4月1日の週の為替市場、新しいトレンド発生が期待される第2四半期がスタート

4月1日の週の為替市場、新しいトレンド発生が期待される第2四半期がスタート 米中貿易摩擦激化への懸念が一旦低下した先週は、USD/JPY・EUR/USDともにレンジ相場が強く意識されることになりました。 2018年1~3月(第1四半期)の為替市場は次の値動きのためのエネルギー蓄積の期間となりましたが、今週からスタートする第2四半期では新しい値動きが生じるのでしょうか。 先週の為替市場振り返り 米中 […]

  • 2018.03.26

3月25日の週の為替市場、米中貿易摩擦の行方に注目

FOMCで利上げはなされたものの、既に織り込み済みで金融市場は大きな値動きを見せなかった先週ですが、米中間で貿易摩擦が本格化。それに伴い、世界的に株価は大きな下落を見せました。 米中間の貿易摩擦問題の行方に、当面目を離すことができない状況が継続することになりそうです。 先週の為替市場振り返り FOMCが開催され事前の予想通りの利上げが行われた21日(水)、利上げの回数も年3回が予想され、波乱無くF […]

  • 2018.03.19

3月18日の週の為替市場、FOMC後に利上げの発表が予想される

金融市場全体に値動きが少なくなった先週でしたが、今週は21日(水)のFOMC後に政策金利の引き上げが予定されています。 FOMC待ちのスタンスとなる今週の金融市場、金利引き上げを受け各市場にどのような変化が生じるのかとの点に注目です。 先週の為替市場振り返り 大きな指標発表はなく、また株式市場も比較的値動きが少なくなった先週は、為替市場も全体的には大人しい値動きを見せました。 ただしトランプ大統領 […]

  • 2018.03.12

2018年3月11日の週の為替市場、ドルインデックスに変化の兆しが

トランプ政権の貿易制限政策や、コーン国家経済会議議長の辞任に影響を受けた先週の金融市場。金曜に雇用統計はありましたが、このところの傾向同様、雇用統計発表後に大きな値動きは生じませんでした。 雇用統計明けとなる今週は、新しいトレンドが生じるような値動きを見せるのでしょうか?周辺市場に変化の兆候も生じており、広い視野で金融市場に臨みたい週となります。 先週の振り返り 雇用統計の週となった先週は、雇用統 […]

  • 2018.03.05

3月4日の週の為替市場、106円を割れたUSD/JPYは本格的な下落の始まりか?

一旦落ち着いたかに見えた2月の金融市場でしたが、先週は米中の貿易摩擦を背景に、再び米国株式市場が大きく下落。 市場の新たなテーマとして、米中貿易摩擦が浮上し、金融市場は3月に入り新しいステージ入りしつつある、と言えそうです。 先週の振り返り 2月上旬の米国発の株式市場の急落はあったものの、その後落ち着きを見せていた金融市場。しかし先週は、FRBパウエル議長の議会証言をタカ派的ととらえた株式市場が売 […]